結婚式の招待状
結婚式や結婚披露宴には招待状はつきものですね。
結婚式や披露宴に招待したい人をお招きするわけです。

ところで最近はメールにしても、みな「デコる」傾向があるので、
出す招待状もオシャレっぽい、というか、手作りの、
「デコった」招待状も増えてきたようですね。
ブラジルの結婚式の模様
一般的に招待状は、婚礼の会場や婚礼の日取りが決まったあと、
挙式の約2ヶ月前までに発送します。

これまで観客を魅了してきたトップアスリートたちがどのようにしてあの肉体を手に入れたのか気になるところですが、
アスリートとプロテインの濃密な関係その秘密を紐解くカギとなるものがプロテインなのです。

発送先は親族や知人の方々、ということになりますが、
婚礼の儀をお知らせし、披露宴に列席してくださるよう、
ご招待する案内状ですね。

専門業者へ発注すれば、コトは簡単ですが、
幾分にもエコ時代ですから、特に若い人にお薦めなのが、
「手作り招待状」ですね。
PCでの手作り招待状なども逆に味があるものです。

特に最近は小規模披露宴になっているため、
招待状も出す相手は仲のいい友人限定、のような傾向ですから、
デコ招待状の方が心が伝わるのではないでしょうか?

そもそも、この結婚式の形式というものも日本特有ですから、外国とは全く異なってしかりです。したがって外車の輸入情勢も国内のそれとは違うということです。

一般的に招待状の内容は、次のようなものになります。
1)ご列席のお願い書面、
2)出欠返信ハガキ
  ・新郎側用返信ハガキ
  ・新婦側用返信ハガキ
3)付箋
・スピーチ等をお願いする場合のもの
4)会場へのご案内地図

以上を封筒へ納め、封筒には寿シールというシールで封緘して、投函します。

芸能人のような何百人という参列者でない限り、
手作り招待状で充分ではないかと思います。

ショッピングサイトの利便性は年々上がる一方ですが、本当にユーザーのことをよく考えているサイトだと感心します。
家具のショッピングサイト
商品が魅力的なことは大前提で、使いやすさなどを考慮した作りになっています。

一方招待状を受け取った側としては、色々と悩み始めますね。
着るものや、どんな言葉をかけたらいいのか、
披露宴に出席したら何をすればいいの?とか、
果ては「御祝儀」って幾らぐらい?等々・・・・、

結婚式のスタイルはこれで決まり!

特に若い人の場合は、社会経験が少ないので、
そこら辺は悩むのではないでしょうか。

昔から着て行く服に関しては、
招待状を受け取った人と新郎新婦との関係によって変わって来る、
などとも言われていますが、結局は「正装」であればオーケーというところでしょう。

しかし正装といっても、特に若い人の場合は、背伸びをしなくても、
会社で着ている清潔な黒系の背広上下でいいのではないでしょうか。

また「仲間内での披露宴」的なものであれば、
清潔なものであれば、取り立てて気にするほどのことでもないでしょう。

もちろん、もうちょっとシッカリとした披露宴の場合で、
「晩酌人」といった位置の人であれば、
いわゆる「フォーマルドレス」的なものを着用する必要はあるでしょう。

またそのような披露宴で、
女性が和服を着用する場合は、未婚者か既婚者によって、
若干の違いがあるので、専門の方やよく知っている方へ相談する方が良いですね。