国内における外車の輸入事情
ご存知の方も多いかも知れませんが、現在、日本の自動車市場に「輸入関税」はありません。これは欧米の大半の国やアジア圏の各国が、政策上なんらかの関税を設けているのと大きく異なっています。
自動車リサイクル Q&A

当然、外国の自動車メーカーは、他の国々で売るよりずっと安く自国の自動車を日本で売ることができることになります。ですが、未だに日本では、「輸入車=高級車」のイメージがあるようですし、価格も国産車と比べて安いとはいえません。外国車ってそんなに高価なものなのでしょうか。
廃車手続きの案内
ところで日本車が海外へ輸出されるとき、スペックをその国専用に変更するのは当然のことです。一番わかりやすい例は、ハンドルの位置でしょう。日本の道路は左側通行(右ハンドル)のため、イギリスを除く欧米の大多数へはハンドルの位置を逆(左ハンドル)にして輸出しなければなりません。
大阪府/自動車リサイクル法に関すること

当然その分コストもかかるというわけです。ところがかつて日本に輸入される多くの外国車はハンドルの位置がそのまま(左ハンドル)でした。世界的にも珍しいことですが、ハンドルが逆であることが、外国車として存在意義を高めているといった意識、いわば「外国車だからハンドルが逆なのもカッコイイ」いう感覚が、日本のユーザー側にあったようです。
廃車手続きナビ
最近は一部の愛好家を対象とするものを除き、基本右ハンドルとなった輸入車ですが、ここに輸入車の価格を高騰させている秘密があります。それはすなわち、ステータスです。昔から日本では、輸入車とは高級車のことでした。実際に同程度のグレードの日本車と輸入車の価格差は、1.5~2倍ほど輸入車のほうが割高であるという調査結果もあります。

これは日本仕様にしたがために、結果として輸入車の価格が上昇したのではなく、価格を上昇させるために、本国ではありえないオプション機能をフル装備にしたハイグレードモデルを、日本向けに投入している外国企業がいることからも明らかです。もちろんそうした「ブランド戦略」は、日本メーカーであるトヨタやホンダも海外で行っていることで、一概にことの是非を決めることはできません。

しかし、少なくとも「超円高、ドル・ユーロ安」が進行する昨今においても目立った値下げが行われない現状に対して、日本のユーザーから批判の声が上がるのは、ある意味当然のことかもしれません。輸入車に憧れる日本のユーザーにとっては、あまり実利の無いブランド化は遠慮いただきたいところでしょう。